台風・大雨に備えて 総務局ホームページ

2019年10月10日

台風・大雨への備えについて

最終更新日 2019年10月10日

印刷する

チェック1.日ごろの備え~もしもの時にそなえよう~

ハザードマップ上で自宅と避難所を確認しよう!

自宅付近にがけ地がないかを確認しましょう(土砂災害ハザードマップ

自宅付近に浸水の発生おそれがないかを確認しましょう。(洪水ハザードマップ)

自宅から避難所までの避難経路をマップに書き込みましょう。

避難経路を考えるにあたって注意すること

2箇所以上の避難所へ避難できるように複数の避難経路を確認しましょう。

大雨による浸水または、土砂災害によって通行止めになるおそれのある道路は避けましょう。

 

避難時の持ち出し品を確認しましょう!

避難時の持ち出し品は日ごろから準備し、すぐに持ち出せるようにしましょう。

持ち出し品は、必要最小限にしましょう。(ラジオ・飲料水・懐中電灯・医薬品・ベビー用品など)

 

わたしたちのまちをみんなで協力して守りましょう!

いざというとき、助けあうことができるよう、日ごろからご近所とのお付き合いを大切にしましょう。

障害や高齢により、災害発生時に避難行動など臨機応変に対応することが難しい人たちの身の安全を守ために、地域で協力できる体制をつくっておきましょう。

近隣の社会福祉施設に対する災害時の協力体制などを日ごろから地域で話し合いましょう。

防災についての知識を身につけるため、防災訓練、避難訓練や講演会などを行いましょう。

避難勧告などが出たときは、近隣にも声掛けをし、率先して避難しましょう。

 

防災情報Eメールに登録しておきましょう!

ご登録いただいたパソコンや携帯電話のEメールへ防災情報を提供しています。
下記からご登録いただけます。

横浜市防災情報Eメールの登録

チェック2.大雨が降ってきたら~こんな点に注意しよう~

自分自身でこまめな情報収集を心がけよう!

気象庁のホームページや横浜市のホームページでこまめに情報をご確認ください。

気象庁ホームページ(気象情報)(外部サイト)

横浜市防災情報

土砂災害警戒情報が出たら特に注意してください。
土砂災害警戒情報についてはこちら(気象庁ホームページ)(外部サイト)

 

がけの様子に注意しよう!

がけ崩れの前兆現象

がけから小石がパラパラ落下する。

斜面に新たな湧水が発生する。

湧水の濁りが見られる。

斜面に亀裂が発生している。

 

上記のような前兆現象があったら、早めの避難行動を取ってください。

また、前兆現象の発生からがけ崩れの発生まで間が無い場合や、前兆現象がなくがけ崩れが発生する場合もあります。
危険を感じたら、早めの避難行動を取ってください。

無理せず安全な避難を心がけよう!

避難するときは動きやすい服装で、2人以上での行動を心がけましょう。
周囲が暗くなっていて、浸水が既に始まっている場合は、無理に外に出ず、自宅の2階など、安全を確保できる高い場所に留まってください。

 

 

安全な経路で避難しよう!

避難時には、河川沿いやがけ沿いの道及び地下状道路は避けましょう。

大雨により道路にある側溝やマンホールのふたが外れている場合があるので、十分注意して近寄らないようにしましょう。

チェック3.避難情報が出たら~命を守るための避難行動~

避難情報の名称が一部変更になりました

岩手県岩泉町で発生した平成28年の台風10号の被害を教訓に、国の「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインに関する検討会」において、避難に関する情報提供の改善方策等の検討が行われ、「避難準備情報」及び「避難指示」の名称が次のとおり変更されましたのでお知らせします。